スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

巨人 沢村拓一投手 球団トレーナー施術ミスで神経まひ

巨人は右肩のコンディション不良でファーム調整中の沢村拓一投手(29)について球団トレーナーの施術ミスがあった可能性が高いことを10日、明らかにした。



2月25日に右肩に違和感を覚え、27日に同箇所にトレーナーからはり治療を施された。だが長期間、症状の思うような改善が見られず、複数の医師から「長胸神経まひ」と診断された。外的要因によるもので、はり治療で長胸神経まひとなり、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性が考えられるとの所見が出ているという。前日9日に石井球団社長、鹿取GM、当該トレーナーが沢村に謝罪し、沢村も受け入れた。鹿取GMは「状態はだいぶ良くなっている。本人も納得している」と話した。 日刊スポーツ



スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

iPhone 8は11万円以上になりそうです



2018年に発売されるという「iPhone」の新機種「iPhone8」。アメリカで、1台の価格が一番安いバージョンで1200ドル(約13万5000円)になるだろうと報道され、あまりの高価格に「これ誰が買うの?」「ローンを断られる」などと騒ぎになった。

 最新機種「iPhone7」の一番安いバージョンは7万8624円のため、倍近くになる計算だ。国内のスマホ出荷台数の55.3%を占めるのが「iPhone」で、この値段では「iPhone」離れが起きる、との心配も出ているがどうなるのだろうか。

アメリカのニュース専門放送局「CNBC」のウェブ版が2017年7月10日に報じた内容によれば、これまで「iPhone8」の価格は1000ドル(約11万3000円)からになるだろうとされていたが、アップルウォッチャーのジョン・グルーバー氏は、1200ドルと分析したと伝えた。次世代の 有機ELパネルや、指紋認証リーダーを搭載することによって原材料費が高騰するというものだ。これによって「iPhone 8」の64GBモデルは1249ドル(約14万1000円)以上、256GBモデルは1299~1399ドル(約14万6000~15万8000円)になるだろう、と書いている。

J-CASTニュース

| BACK TO TOP |

日本ハム 斎藤佑樹 623日ぶりの勝利 !!

日本ハムの斎藤佑樹投手が31日、本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。

斎藤は、初回に2死からロペスに中前打されるも、筒香を二ゴロに仕留めて無失点。2回と3回を連続で3者凡退とすると、4回も走者を三塁まで進めながらも失点しなかった。5回には、2死二塁から許した倉本の左前打で二塁走者が本塁を目指したが、左翼・大田の好返球でアウト。6回先頭の桑原に左翼へ二塁打を許したところで81球を投げて降板した。

DeNAは6安打するも決め手に欠いて、わずか1得点。先発の熊原は5回3失点と粘投したが、勝利は遠かった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

| BACK TO TOP |

ホンダモンキー 惜しまれながら生産終了へ

ホンダ(東京)の広報によると、モンキーの累計の生産台数は約66万台(昨年12月末時)。2月に50周年記念モデル(消費税込み35万2080円)を発売すると、1800台の販売枠はすぐに予約で埋まった。

 ただモンキーを含め、原付き全体の販売台数は80年当時の約1割に落ち込んでいる。むしろ愛好家たちの関心は古いモデルにあるようだ。

 同県豊橋市賀茂町でカフェを兼ねたバイクショップを経営する岡田佳久さん(39)は、7年前、店をモンキー専門に「特化」させた。扱うのは主に初代67年から74年式。価格は15万~50万円が中心で、初代だと60万~80万円の値がつく。売り上げの半分以上はインターネットで舞い込む全国からの注文が占める。客の要望に応じてカスタムも引き受ける。1台に100万円もかける人は珍しくなく、中には200万円以上かけた人もいたという。

朝日新聞社




| BACK TO TOP |

株式会社フジトミは、ラジオ放送開始を記念して、株価指数証拠金取引「くりっく株365」の売買手数料を業界最安値水準の153円に引き下げる、手数料ディスカウントキャンペーンを開始

株式会社フジトミは、「くりっく株365」の売買手数料を業界最安値水準の153円(税込)に引き下げる、手数料ディスカウントキャンペーンを行うことを発表しました。

アメリカの大統領選挙でトランプ氏が当選し、アメリカ株が大きく値を下げるという経済専門家たちの予想を大きく裏切って、アメリカ株は値を上げていますね。

アメリカ株の株高につられて、日本株もかなりの勢いで値を上げています。

今まで株式取引を行っていない人も、最近株を買い始めているというニュースも目に付きます。

どの証券会社と取引をするかによって、株取引にかかる手数料に大きく違いが出るので、取引する証券会社のチョイスは大切です。

このニュースリリースを読んで、「くりっく株365」がお得だと思いました。

株式取引手数料のディスカウントキャンペーンにより、業界最安値になります。

以前から「くりっく株365」はシステムが安定していて、安心して取引できる証券システムだと思っていました。

システムが安定していて手数料が業界最安値ですから、かなりメリットが大きいですね。

このニュースリリースを読んで、「くりっく株365」に証券口座を開設する人が増えるだろうなというのが、私の印象です。
| BACK TO TOP |
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

目に付いた話題 (32)
本 (4)
火災保険 (1)

.



リンク













リンク

リンク























リンク





RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。