ホンダモンキー 惜しまれながら生産終了へ

ホンダ(東京)の広報によると、モンキーの累計の生産台数は約66万台(昨年12月末時)。2月に50周年記念モデル(消費税込み35万2080円)を発売すると、1800台の販売枠はすぐに予約で埋まった。

 ただモンキーを含め、原付き全体の販売台数は80年当時の約1割に落ち込んでいる。むしろ愛好家たちの関心は古いモデルにあるようだ。

 同県豊橋市賀茂町でカフェを兼ねたバイクショップを経営する岡田佳久さん(39)は、7年前、店をモンキー専門に「特化」させた。扱うのは主に初代67年から74年式。価格は15万~50万円が中心で、初代だと60万~80万円の値がつく。売り上げの半分以上はインターネットで舞い込む全国からの注文が占める。客の要望に応じてカスタムも引き受ける。1台に100万円もかける人は珍しくなく、中には200万円以上かけた人もいたという。

朝日新聞社




スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

株式会社フジトミは、ラジオ放送開始を記念して、株価指数証拠金取引「くりっく株365」の売買手数料を業界最安値水準の153円に引き下げる、手数料ディスカウントキャンペーンを開始

株式会社フジトミは、「くりっく株365」の売買手数料を業界最安値水準の153円(税込)に引き下げる、手数料ディスカウントキャンペーンを行うことを発表しました。

アメリカの大統領選挙でトランプ氏が当選し、アメリカ株が大きく値を下げるという経済専門家たちの予想を大きく裏切って、アメリカ株は値を上げていますね。

アメリカ株の株高につられて、日本株もかなりの勢いで値を上げています。

今まで株式取引を行っていない人も、最近株を買い始めているというニュースも目に付きます。

どの証券会社と取引をするかによって、株取引にかかる手数料に大きく違いが出るので、取引する証券会社のチョイスは大切です。

このニュースリリースを読んで、「くりっく株365」がお得だと思いました。

株式取引手数料のディスカウントキャンペーンにより、業界最安値になります。

以前から「くりっく株365」はシステムが安定していて、安心して取引できる証券システムだと思っていました。

システムが安定していて手数料が業界最安値ですから、かなりメリットが大きいですね。

このニュースリリースを読んで、「くりっく株365」に証券口座を開設する人が増えるだろうなというのが、私の印象です。
| BACK TO TOP |

タツノコプロ55周年を記念して、ブルーレイ1枚で全話が楽しめる『全話入りブルーレイシリーズ』3タイトル「ドテラマン」「マッハGoGoGo」「タイムボカン2000怪盗きらめきマン」が発売。

エー・アール・シー株式会社は、『全話入りブルーレイシリーズ』3タイトル「ドテラマン」(全20話)、「マッハGoGoGo」(全34話)、「タイムボカン2000怪盗きらめきマン」(全26話)を2017年4月21日に発売。

なかなか、懐かしいアニメがブルーレイディスクで入手可能になりました。U-NEXT(ユーネクスト)

マッハGoGoGoは特に思い入れがあるアニメです。

幼少期に毎日テレビの前で見ていたことを思い出しますね。

今回発売されるのは、1967年放送のリメーク版ですが、昔を思い出してきっと楽しめると思います。

このニュースリリースを読んで思ったのですが、マッハGoGoGoは全34話、ドテラマンは全20話、タイムボカンは全26話と、かなりのボリュームなのですが、一枚のブルーレイディスクに収納されるのは、時代の移り変わりを感じます。

これがビデオテープの時代だったら、1話につき1本のビデオテープでしたからねえ。U-NEXT(ユーネクスト)

ビデオテープは1本当たりの金額は安くても、全巻セットとなると金額も張ります。

このニュースリリースを見て、アニメの全巻セットが昔では考えられないほど安く入手できる時代になったなあと、改めてうれしい気持ちになりました。

| BACK TO TOP |
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

目に付いた話題 (29)
本 (4)
火災保険 (1)

.



リンク













リンク





リンク






















リンク





RSSリンクの表示