日本ハム 斎藤佑樹 623日ぶりの勝利 !!

日本ハムの斎藤佑樹投手が31日、本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。

斎藤は、初回に2死からロペスに中前打されるも、筒香を二ゴロに仕留めて無失点。2回と3回を連続で3者凡退とすると、4回も走者を三塁まで進めながらも失点しなかった。5回には、2死二塁から許した倉本の左前打で二塁走者が本塁を目指したが、左翼・大田の好返球でアウト。6回先頭の桑原に左翼へ二塁打を許したところで81球を投げて降板した。

DeNAは6安打するも決め手に欠いて、わずか1得点。先発の熊原は5回3失点と粘投したが、勝利は遠かった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポンサーサイト
| BACK TO TOP |
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

目に付いた話題 (39)
本 (4)
火災保険 (1)

.



リンク







リンク





リンク























リンク



RSSリンクの表示