スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

火災保険に加入する時

現在日本の損害保険は自由化されていますが、
従来の国内系損害保険会社は、損害保険料率算出機構のアドバイザリーレートを保険料算定のベースにしているので、個人契約の火災保険については保険料に差はほとんど出ないようです。

火災保険 ランキングを参考にして、国内系各社損害保険会社や全労災、外資系損害保険会社の見積りを取ってみると、外資系の損害保険会社の方が、火災保険の掛け金は安くなりました。

外資系は万が一の時の対応がどうなのか少し不安だったので、ランキングサイトの情報を調べてみると、
サイト利用者の口コミ情報をもとに、公正に比較・評価しているので貴重な情報を得ることができました。
火災保険選びに役立つ情報を細かく掲載していて、星評価のランキング形式なので分かりやすくて重宝しますよ。
スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

最新記事

カテゴリ

目に付いた話題 (37)
本 (4)
火災保険 (1)

.



リンク







リンク

リンク

リンク



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。