低価格版iPadの発売がほぼ決定 低価格版HomePodも!

米ブルームバーグ通信は23日、IT大手アップルがタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の低価格版を投入すると報じた。

学校教育向けの新しいソフトウエアも公開し、学生や教職員への浸透を狙う。27日にシカゴで開くイベントで発表する見通し。



DigiTimesがサプライチェーン関係者から得た情報では、Appleが2018年第2四半期(4〜6月)に発売するエントリーモデルのiPadの価格は259ドル(約29,200円)になる、とのことです。

低価格版HomePodは、現在の価格は349ドル。
Amazon Echo(99ドル)やGoogle Home(129ドル)よりもかなりお高くなっています。その理由は音質についてのこだわりにあり、他社スマートスピーカーとの差別化ポイントもそこに置かれています。

10年後も食べていける人になる!

本当に低価格版HomePodが出るとして、オーディオ品質をある程度は犠牲にするのか、音質はそのままに何らかの工夫を図るのか興味深いところです。Engadget。




関連記事
スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

最新記事

カテゴリ

目に付いた話題 (39)
本 (4)
火災保険 (1)

.



リンク







リンク





リンク























リンク



RSSリンクの表示